本文へジャンプ

焼豚ロースター

ふっくらジューシーな焼豚を全自動でムラなく焼き上げることができます。

肉類を焼くのに理想的な炭火を採用
遠赤外線の効果でジューシーでおいしく焼けます。
自動で火力調整を行なうので手間が要らず、お肉を循環させている為均等に火が入ります。

米田工機の「焼豚ロースター」が選ばれる理由

炭で焼くとなぜうまいのか?
肉や魚などの食材を炭火で焼くと、ガスや電熱器で焼くより早く肉身の表面が熱くなるため、うまみ成分のグルタミン酸などを逃がさない働きをします。そしてご存じ「遠赤外線」によって、中までしっかり火を通すことができるので「うまいなぁ」ということになるのです。
炭はガスのように水分が出ないのも秘訣のひとつです。電熱器のように火力が弱いと食材が乾燥してしまいますが、炭火は強力なのでおいしく焼けます。
 

焼ムラができないのはなぜ?
トレイ式のオーブンでは奥や手前、右や左でどうしても焼ムラが出来てしまいます。
焼豚ロースターでは、庫内を約1分30秒で1回転しお肉が動きながら焼成していますので、どのお肉にも同じように加熱されます、手動で肉を返したりする手間がなくなり、省力化が計れます。

焼成が見えて誘因効果バツグン!
窓がついていますので、内部で焼豚が焼けているところが見えます。

焼豚ロースターの調理例

焼豚 ハンバーグ もも焼き・手羽焼き

製品ラインナップ

YBR-24 YBR-36
品名 YBR-24 YBR-36
本体寸法(㎜) W953×D740×H2090 W1100×D915×H2819
加工目安 (豚肉500g) 24本 36本
熱源
点火用バーナー LPガスor都市ガス LPガスor都市ガス
電気容量 1φ100V 0.4kW 1φ100V 0.4kW

テストルーム

設備を購入しようと考える上で、疑問点や不安点、ふと気になることはありませんか?

当社ではお客様の疑問・不安を解消していただく為、テストルームを開設しております。

ご利用はもちろん無料、ぜひお気軽にお試しください!
 
焼豚ロースター 資料請求・お問い合わせ

ページトップへ