本文へジャンプ

SHSコンベクション

    S.H.S convection

    水を沸騰させ発生した水蒸気をさらに加熱し300~400℃の超高温の過熱水蒸気を食材に吹き付けて「水で焼く」調理器です。
    ○ 簡単操作!!
    ○ 簡単洗浄

    過熱水蒸気の特性

    ■熱風加熱より、効率的に加熱することができます。

    熱風加熱では、高温の空気の接触による対流熱によって加熱されます。
    過熱水蒸気では、対流・輻射熱に加え、食品表面に接した過熱水蒸気が
    水に戻るときに生じる「凝縮熱」があります。

    過熱水蒸気は熱風空気より多くのエネルギーを持っています。このため
    焼成室内では過熱水蒸気が食品へ与えるエネルギーは熱風加熱より大きく、
    効率よく加熱することができます。
    過熱水蒸気
    熱風加熱
    過熱水蒸気による食品の加熱
    高温の水蒸気が食品に触れる   食品に触れた水蒸気が水になり(凝縮)、凝縮熱で急速に加熱される   表面の温度は100℃以上になるので、表面の水分が蒸発してカリッと焼き上がる。また、水蒸気の粒が食品の中まで浸透して加熱するので、中はしっとりとしたまま温まる
    過熱水蒸気調理器はドリップが少ないため、栄養成分の損失を抑え、さらに低酸素調理により油脂の酸化やビタミンの破壊も防げます。

    S.H.S convectionの特長

    ●脱水効果
    食品の表面に凝縮水が付着し、食品内部に比べて塩分濃度が下がる   食品内部の塩分(ナトリウム
    イオンと塩素イオン)が塩分濃度の低い表面に移動する
      表面に付着している水と一緒に落下する
    ●脱油効果




         
         食品の表面に染み出し、表面の水と一緒
         に落下する。

    S.H.Sコンベクションの仕様

    ●簡単温度設定
    ユニット毎に温度設定がついており、状況に応じた温度設定が簡単操作で行えます。
    ●生産能力に合わせたユニット連結
    S.H.Sコンベクションは、生産能力等に合わせて機械を連結することができます。そのため、ユニットを連結することで機長を伸ばし、コンベヤスピードを速くして生産能力を拡大することが可能です。

    活用例

    テストルーム

    設備を購入しようと考える上で、疑問点や不安点、
    ふと気になることはありませんか?

    当社ではお客様の疑問・不安を解消していただく為、
    テストルームを開設しております。

    ご利用はもちろん無料、ぜひお気軽にお試しください!
     
    資料請求・お問い合わせ

    ページトップへ