本文へジャンプ

ボイル槽・ブライン冷却槽

    生食用食肉の加熱・冷却調理機として

    ボイル槽・ブライン冷却槽の用途・特徴

    用途:生食用食肉の加工に最適!

    食品衛生法第11条第1項の規定に基づき、生食用食肉の規格基準が設定されました。
    ボイル槽『BM-16』とブライン冷却槽『BC-2』はこの基準に基づく加工に最適な加熱及び冷却装置です。

    ボイル槽『BM-16』の特徴

    湯温を最大98℃まで上昇させて肉の表面を加熱殺菌する事が可能です。
    また、アジテーター攪拌機能により、肉を均一に加熱する事が可能です。

     

    ブライン冷却槽『BC-2』の特徴

    ボイル槽で加熱後の肉を液体に浸漬させて急速冷却します。
    液体は冷水や塩カル、アルコールなどを使用する事が可能でアルコールを用いると液温を-35℃まで
    下げる事が可能です。
    冷却速度をあげる事によって肉内部への熱の浸入を防ぐ事により、歩留が向上します。
     



     

    さまざまな用途で使えます!

    ボイル槽は生食用食肉のボイルの他に、通常のボイルやシュリンクとしても使用できます。
    また、ブライン冷却槽はリキッドフリーザー(液体急速凍結機)としてもご利用できますので
    お客様の用途によって冷凍・冷却・加熱などのさまざまな用途でお使いいただけます。

    製品仕様

    生食用ボイル槽・ブライン冷却槽

      ボイル槽 ブライン冷却槽
    型式 BM-16 BC-2
    本体外形寸法(mm) W800×D920×H1610 W1100×D920×H1610
    ※生産量目安(kg/h) 12 12
    槽内有効寸法(mm) W713×D557×H310 W771×D476×H310
    ヒーター容量(kW) 8×2本
    冷凍機容量(kW) 1.5
    攪拌機(kW) 0.4 0.4
    昇降機(kW) 0.2 0.2
    電源及び容量(kW) AC200V 3φ 17 AC200V 3φ 2.2
    製品重量(kg) 240 437
    ※製品仕様は品質向上等の為に予告なく変更する場合がございます。

    オーダーメイド承ります!

    標準仕様の他にも、お客様のご要望にあわせた最適な設計・製作を承ります。
    ボイル槽 冷却槽

    テストルーム

    設備を購入しようと考える上で、疑問点や不安点、
    ふと気になることはありませんか?

    当社ではお客様の疑問・不安を解消していただく為、
    テストルームを開設しております。

    ご利用はもちろん無料、ぜひお気軽にお試しください!
     

    包丁・まな板殺菌槽も製作承ります!

    包丁・まな板殺菌槽
    まな板、包丁の加熱殺菌用の装置も製作可能です。
    オーダーメイド生産にて承ります。
    (写真:包丁8本、まな板8枚殺菌用)
     
    ボイル槽・ブライン冷却槽 資料請求・お問い合わせ

    ページトップへ