本文へジャンプ

スパイラルフリーザー

    スパイラルフリーザーって何?

    大型の食品加工工場で導入されているコンベア式(連続式)フリーザーは、大きく分けて2種類。ひとつは「トンネル型フリーザー」、もうひとつが今回ご紹介する「スパイラルフリーザー」です。

    トンネル型フリーザーは、その名の通り搬送ベルトのまわりをトンネルのように覆った形をしており、その中に冷気を発生させることで食品を冷却・冷凍する、大量生産型の装置です。

    対するスパイラスフリーザーは、垂直に設置されたドラムの外側に、らせん状に搬送ベルトを巻き付け、冷気を当てて食品を冷却・冷凍する、大量生産型の装置です。

    どちらも大量生産型の装置であることに変わりはありませんが、スパイラスフリーザーはらせん状に搬送ベルトを配置できるため、設置面積に対して搬送ベルト面積を大きく取ることができ、比較的省スペースであることが特徴です。

    スパイラルフリーザーをお勧めする理由

    食品加工の現場では、近年機械による自動化が急速に進んでいます。自動化することで人件費の削減・効率化を図りながら安定した製品を製造する事が可能です。
    また、人の手がかかる工程を少なくすることで異物混入や食中毒などのリスクも下げることができ、衛生管理の観点からもメリットがあります。

    食品の冷凍工程を自動化するにあたって、一般的にはトンネル型フリーザーが多く導入されています。スパイラルフリーザーに比べると設置費用が安価なことが、その一因です。

    しかし、スパイラルフリーザーはトンネル型フリーザーよりも生産能力が高く、かつ省スペース化を実現できます。
    トンネル型フリーザーは横方向へのライン構造となるため、広大な設置面積が必要となりますが、スパイラルフリーザーは縦方向へのライン構造となり、空間を立体的に利用することができます。省スペースで生産量を増やすことが可能になります。
     
    限られた設置面積しかないけど生産量を確保したい、今よりもっと生産量を増やしたい、という場合、スパイラルフリーザーが最も有効と言えるでしょう。
     
    さらに、米田工機のスパイラルフリーザーは用途に合わせた設計が可能です。設置場所に限られたスペースしかない場合でも、最大限に活用することができます。すでにトンネル型フリーザーを設置していて、新たに生産ラインを増設したい、と思っていても、スペースの関係で断念する場合があります。そのような場合でも、スパイラルフリーザーであればスペースの問題を解決しつつ、生産能力も上げることができるのです。

    米田工機のスパイラルフリーザーは

    当社では少量生産用~大量生産用まで幅広いスペックをご提案する事が可能です。
    また、プラスティック・モジュールベルトを採用する事により従来のスパイラルとは一線を画したシステムをご提案します。
    【特徴】
    1.ベルトが樹脂製の為、摩耗が少ない
    2.ベルト交換に溶接機やグラインダーは不要!誰でも簡単に交換できます。
    3.ダイレクトドライブタイプは搬送時に製品の配列が乱れません。
     
    用途や設置場所に応じて、最適なご提案をいたします。どんなことで困っているか、理想的な製造はどのようなものか、など私たちにお聞かせいただけませんか?ぜひ電話やメールでご相談ください!
     
    資料請求・お問い合わせ

    ページトップへ